kitchen&cafe HALINA

   

ご案内

キッチンハリーナは、今出川通り京大農学部東隣にある小さなお店。

 

季節のごはんとゆったり空間、よそではちょっと手に入らない選りすぐりのフェアトレードグッズが自慢です。

 

お買い物のお客様も、もちろん大歓迎。どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

 

【営業時間】

7月8月は不定期営業です。

 

 

ハリーナの厨房より

キッチンは旬のもの・手作りのおいしいものでいっぱい!

京北町「耕しうたふぁーむ」、「アグロス胡麻郷」柊野の作業所「ワークスTAO],伊賀有機農産、等から届いた新鮮な低農薬・無農薬野菜を使っています。

 

お米は若狭海女坂「田庭ひびき家」、京北町「耕しうたふぁーむ」。

 

豆腐(国内産大豆、天然にがり100%)低温殺菌牛乳、卵、ポークなど生活クラブ生協エルコープを通じて産地直送の安心で、新鮮な食材を使っています。

 

調味料はすべて、遺伝子組み換えの原材料を使わず、化学調味料無添加のものを使っています。

 

フェアトレードのコーヒー、紅茶、バナナ、塩、砂糖を使っています。

ハリーナのこころみ

わたしたちの住むまちと地球のために

食料自給率40%台といわれても、日本で暮す私たちの食生活は豊かそのもの。お金さえ出せば世界中のありとあらゆる美食を味わうことができます。

 

でも、それを支えている裏側の現実をちょっと考えて見ましょう。そこには、世界の飢餓、貧富格差の問題、土地の歪んだ使い方が存在します。さらに遠距離輸送のため、大量に地球資源を浪費しています。

 

一方で、外見上は豊かであっても、私たちの食卓には大地の恵みを心と時間を充分にかけて調理された食物よりも、カロリー過多のお手軽ファーストフード的食物が登場するようになりました。

 

食に関してだけでなく、グローバル化の中で起きている矛盾に対して、小さな動きが始まっています。地域の中から、足元から、ライフスタイル、食べ方、生き方、農業への関わりを取り戻そうという「エコダイエット(地球に対するダイエット)」の考え方です。

エコ・ダイエットの提案

ハリーナは、食を通じてエコダイエットを提案します。

 

土や生き物とのつながり、作り手の顔の見える食材を心と時間をかけて調理し、お客様に提供したい。

 

小さな試みですが、もしかしたら私たち自身の健康を取り戻し、地球の負荷を減らし、その上、世界の貧富格差の解消に細い糸でつながっていくのでは…そんなささやかな希望を持っています。